自己破産とは

 自己破産とは、借金等(債務)を支払うことができなくなった場合に、裁判所に申立てをし、自分の持っている財産をお金に換え、各債権者に債権額に応じて分配し、残りの借金を免除してもらう(税金等を除く)ことで、破綻した生活を立て直すことを目的としている制度です。ここでいう財産には、不動産、自動車、現金、預金、貸金債権、保険の解約返戻金(保険を解約したときに受け取ることのできるお金)、将来受け取ることのできる退職金等すべてのものを含みます。

 破産手続きは、管財型同時廃止型という2つの手続きに別れます。一般的に、裁判所は、破産手続開始決定を行うと同時に、破産管財人を選任し、この管財人が破産者の財産を調査・管理し、これをお金に換えて債権者に分配することになります。これが管財型の手続きです。

 しかし、破産者の財産が少なく、これをお金に換えても破産手続の費用にも足りないことが明らかな場合(通常は、財産の価値が20万円以下の場合)には、裁判所は破産管財人を選任せず、破産手続開始決定と同時に破産手続を終了させる決定をします。手続き開始と同時に終了するのでこれを同時廃止といいます。この場合には、債務者の財産を管理したり、お金に換える手続は行われないので、破産手続は終了し、借金を免除する免責手続に入ります。

 財産を処分されるといっても、家具等の生活必需品は処分されることはありませんし、不動産などの資産がない限りは、多くのケースが同時廃止になっています。

 借金の返済でお悩みの方は、すぎやま司法書士事務所へご相談ください。

 →自己破産のメリット・デメリット

 →自己破産の費用

 

▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
TEL : 042-851-7760
受付時間 : 平日9:00〜19:00
土日祝日夜間相談も可能です(要予約 )

                  メールでのお問合せはこちらへ

 

▲このページのトップに戻る