任意整理とは

 任意整理とは、弁護士や司法書士が依頼者の代理人となり、債権者の取り立てをストップし借金の減額・今後発生する利息のカット・原則3〜5年以内での分割返済の債権者との和解交渉を裁判所を通さずにする手続きです。

 利息制限法では上限金利が年率15〜20%に定められており、取引期間が長く利率が高い方は、借金が減る可能性が高く、場合によって過払いになっている可能性があります。

 任意整理をすることで、今までほとんど利息分しか払えなかったという方も、借金の減額と利息のカットで支払いを終わらせる見通しが立ちます

※例えば消費者金融3社から200万円の借金があり、毎月約6万円を返済していた方が、任意整理することで借金の総額を100万円まで減額し、毎月の支払いを3万円に設定し、今後発生する利息が0%になったとします。すると100万円を単純に3万円で割った回数が支払回数(34回)となりますので、3年以内に完済できることになります。

 返済のことでお悩みの方は、すぎやま司法書士事務所にご相談ください。

 →任意整理のメリット・デメリット

 →任意整理の費用ページ

  

     ▼▼お電話でのお問合せ・ご相談はこちら▼▼
       TEL : 042-851-7760
         受付時間 : 平日9:00〜19:00
         土日祝日夜間相談も可能です(要予約 )

                  メールでのお問合せはこちらへ

 

任意整理の手続きの流れ

1.ご相談・ご依頼

   即日

2.受任通知の発送・取引履歴の開示請求

   1〜3ヶ月

3.債権調査

開示された取引履歴を利息制限法による引き直し計算をし、残債務の金額を確定。

   1ヶ月

4.返済計画案作成、意思確認

残債務の調査結果と計画案に基づく毎月の返済見込額をお伝えし、毎月の返済可能額をご本人に再度確認させていただきます。 過払いの債権者には過払い金返還請求をします。

   

5.和解交渉

司法書士が債権者と和解交渉を行います。

   1週間〜1ヶ月

6.債権者と和解契約・和解書の取り交わし

   1〜2週間

7.ご本人へ書類を交付

和解書や返済計画などをお渡します。

   2週間〜1ヶ月

8.お支払いスタート

債権者への返済が始まります。

 

※上記の期間は目安ですので、個別の案件によって前後することがあります。

 

▲このページのトップに戻る