任意整理のメリット・デメリット

任意整理のメリット

・督促が止まるので、債権者と直接話さなくて良くなります。 

・利息制限法に引き直して計算することで、借金が減額される可能性があります。

・交渉によって将来的に発生する利息をカットできます。

・交渉により、3年(36回)〜5年(60回)の分割返済が可能になります。

・過払い金を取り戻せる可能性があります。

・整理する債権者を選ぶことができます。例えば、住宅ローン、自動車ローン、保証人付き借入などを除いて整理することができます。

・破産や再生と異なり、官報に公告されることがありません。

・破産と異なり資格、職業に制限はありません。

・司法書士が裁判所を通さずに債権者と交渉するので、裁判所へ行くために平日に仕事を休む必要がありません。

 

任意整理のデメリット

・信用情報機関に登録され(いわゆるブラックリスト)、任意整理中及び完済後5年間はクレジット、ローンを利用することが困難になります。

・破産や再生より、支払う総額が多くなってしまいます。

 

→任意整理の詳細はこちら

→任意整理の手続き費用の詳細はこちら

自己破産のメリット・デメリット

自己破産のメリット

・免責されることで、借金の支払義務がなくなります。

・財産を全部処分しなければならないわけではなく、家具など生活に最低限必要なものは処分されません。

・戸籍や住民票に破産したことは載りません。

・破産しても銀行口座は作ることができます。

  

自己破産のデメリット

・信用情報機関に5〜10年間登録され(いわゆるブラックリスト)、ローンやクレジットを利用することが困難になります。

・任意整理と違い、全部の債権者を対象にする必要があります。

・官報に公告されるので、誰かに知られる可能性があります。ただし、一定の職業に就いている人を除いて、官報を見る人はあまりいません。

・免責が確定(復権)するまで保険の外交員、警備員、宅地建物取引主任者、弁護士、司法書士などの一定の職業に就けなくなります。

・免責が確定(復権)するまで、市役所の破産者名簿に登録されます。

・不動産などの財産がある場合、処分しなければなりません。

・郵便物が管財人に届いて、開封されてしまいます(管財事件の場合)。

・破産手続き中は、旅行や引越しに裁判所の許可が必要になります(管財事件の場合)。

・借金の理由がギャンブル・浪費(パチンコ、スロット、競馬、競輪、競艇、キャバクラ等風俗)などの免責不許可事由に該当すると、借金の支払いが免除されないことがあります。

・滞納した税金や健康保険料などの支払いは免除されません。

・保証人がある場合、保証人は免責されません。

・免責されてから7年間は、原則として再度破産しても免責されません。

・自己破産の場合、司法書士が申立書類の作成を代行し、ご本人で申立てることになるので、何度か平日に裁判所に行く必要があります。 

  

→自己破産の詳細はこちら

→自己破産の手続き費用の詳細はこちら

 

個人民事再生のメリット・デメリット

個人民事再生のメリット

・借金が100万円又は総額の1/5〜1/10にまで大幅に減額されます。

・住宅ローンを特別に支払うことが可能になるので、マイホームを守れます。

・破産と違い免責不許可事由や職業制限がありません。

・財産を処分する必要がありません。

 

 

個人民事再生のデメリット

・信用情報機関に5〜10年間登録され(いわゆるブラックリスト)、ローンやクレジットを利用することが困難になります。

・任意整理と違い、全部の債権者を対象にする必要があります。

・官報に公告されるので、誰かに知られる可能性があります。ただし、一定の職業に就いている人を除いて、官報を見る人はあまりいません。

・財産は処分しなくて良いですが、財産がある場合、その価値の分だけ支払う額が多くなってしまいます。例えば、500万円の借金を100万円まで減額されても、貯金や車などの財産の総額が200万円あると、100万円ではなく200万円を支払うことになります。

・個人民事再生の場合、地方裁判所の管轄になり、司法書士が申立書類の作成を代行し、ご本人で申立てることになるので、何度か平日に裁判所に行く必要があります。

  

 

→個人民事再生の詳細はこちら

→個人民事再生の手続き費用の詳細はこちら

▲このページのトップに戻る