債務整理について

HOME債務整理について

債務整理とは

債務整理とは、「返せないほど多重債務に陥ってしまった」「どこからも借りられない」など、借金の返済にお困りの方のために、弁護士や司法書士が法律の力を借りて問題を解決する手続きです。

債務整理をする場合、弁護士や司法書士が債権者に受任通知を送り、取り立てをストップし、これまでの借入・返済についての取引履歴を取り寄せます。これを利息制限法に基づき、正しい金利(年率15~20%)に直して計算し、正しい借金の額を確定させます。そうして残った借金の解決方法として主に、次の4つの手続きがあります。

任意整理

裁判所を通さずに代理人が債権者と、借金の減額、今後発生する利息のカット、分割返済の交渉をします。

詳細はこちら

過払い金返還請求

利息制限法に基づく計算で、借金がゼロになり、さらに金利を払い過ぎている場合に、払い過ぎた分を取り戻します。また、完済されている方も過払い金を請求することが可能です。

詳細はこちら

自己破産

残った借金を支払えない場合に、裁判所に申立てをし、免責されることで、借金をゼロにしてもらう手続きです。

詳細はこちら

個人民事再生

マイホームがあって破産できない場合に、裁判所に申立てをして、住宅ローンだけ特別に支払いつつ、他の借金を100万or1/5にまで減額し、これを原則3年間で支払えば、残りは免除される手続きです。

詳細はこちら

※おまとめローンの場合、完済した業者が利息制限法違反の貸し付けをしていると過払いが発生することがあり、業者の状況によっては回収が困難になる可能性があります。
※ヤミ金融やクレジットカードの現金化は絶対に利用しないでください。

借金の返済でお悩みの方は、お気軽に当事務所の無料相談をご利用ください。最適な解決方法をご提案致します。


お問い合わせ・ご相談はお気軽に。

債務整理・過払い請求について、ご不明な点やご相談などございましたら、お電話又はお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。また、家賃・敷金問題、悪質商法など消費者トラブル、相続、登記のご相談も受け付けております。

042-851-7760受付時間 平日9:00~19:00

【土日祝日夜間相談可(要事前予約)】

メールでのお問い合わせはこちら